HOME > 商品一覧 > ドミノ・クラシック

ドミノ・クラシック


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

ドミノ・クラシック

▼価格 ¥102,600

数量:





テレビ・ラジオからipodまで、幅広い音源がクリアに聞こえます。
もちろん、会話や会議中でも大活躍。


 ドミノ・クラシックは受信器と発信器から構成され、受信器単体での集音はもちろん、離れた場所に設置した発信器からの音声を暗号化して受信器に送信したり、発信器・受信器双方の内蔵マイクをOnにすれば、双方のマイクからの音声を受信器で同時に聴くこともできます。周囲の壁や障害物の影響を受けにくい2.4GHzの無線は、直線見通距離約25mまでつながります。発信器とテレビなどの音源を接続して、離れた場所でも受信器からはっきりとした音声が聞こえる テレビリスナとしてもお使いいただけます。


**********************


■製品の特長

・騒音の中でも鮮明に音声を選別するデジタル集音システム
・離れた場所の発信器からの送信音声を忠実に再現する2.4GHzテクノロジ
・発信器とステレオ、テレビ、MP3などに接続すれば音楽・音声を鮮明に受信器で再現


**********************

■特記事項

・自治体により聴覚障害者用日常生活用具(会議用拡聴器)として給付対象品
・1年間品質保証


**********************


■仕様

【型番】 BE8015
【サイズ(mm)】
受信機:99x48x22
発信機:99x48x22
【重量(g)】
受信機:74
発信機:70
【電源】リチウム・イオン内蔵充電池
充電:2.5時間
動作:8〜12時間
【その他】時間周波数帯:40-10KHz.
無指向性エレクトレットマイク内蔵(受信器・発信器)
無線:2.4GHz.
暗号:128ビット暗号無線通信
音量:9段階調整(5dB/段)
音程:9段階調整





********************


【よくあるご質問】


 Q.1 デジタル式集音システムとアナログ式集音器とは何が違うのですか?

 デジタル式では、アナログ式に比較し、大幅に暗騒音(邪魔な雑音/バックグラウンドノイズ)やハウリングを低減し、音声などを鮮明に集音・再生します。


 Q.2 ドミノ・クラシックの無線はどのようなものですか?

 世界共通で使用されている2.4GHz帯の無線を使用しています。


 Q.3 混信などの心配はありませんか?

 2.4GHz帯の無線でデジタルQPSKという変調方式を採用し、10チャネルの自動選択方式を採用しているため、混信の恐れはほとんどありません。


 Q.4 充電時間と充電後は何時間使用できますか?

 内蔵のリチウム・イオン充電池は、約2.5時間でフル充電し、使用方法にもよりますが約8〜12時間使用できます。


 Q.5 送信機と受信器はどのくらいの距離まで話すことができますか?

 直線見通し距離で約25mですが、壁やドアなどがあると距離は短くなります。


 Q.6 送信機からの無線を受信器が受信するまでの遅延はどの程度ありますか?

 ほとんど人間の感覚では知覚できない程度の、10ミリ/秒です。


 Q.7 テレビや講演などの音声をはっきり聞きたいのですが、ドミノ・クラシックはできますか?

 発信器に、付属の各種ケーブルや外部マイクを利用して テレビや講演の音声を受信器に発信させることで、明瞭な音声を楽しむことができます。


 Q.8 発信器の内蔵マイクからの音声と受信器の内蔵マイクからの音声を同時に聴くことはできますか?

 ドミノ・クラシックでは双方のマイクスイッチをONにすれば双方の音声を同時に聴くことができます。


 Q.9 内蔵マイクには指向性などはありますか?

 ドミノ・クラシックの内蔵マイクは、発信器、受信器ともに無指向性マイクです。


 Q.10 ドミノ・クラシックにはどのような付属品が同梱されていますか?

 USB式充電器(世界各国用電源プラグ付)、ネックストラップ、イヤホン、旅行携帯用ケースなどです。


 Q.11 ドミノ・クラシックで利用できるアクセサリにはどのようなものがありますか?

 ステレオヘッドホン、イヤホン、ステトクリップス(聴診器型イヤホン)、ステレオケーブルキット(5m)、外部マイク(5m)、ネックループ、USB自動車用充電器、などが用意されています。


 Q.12 ドミノ・クラシックは給付対象になりますか?

 自治体により、「会議用拡聴器」として給付対象になるところもあります。


前のページに戻る
ページの先頭へ

営業時間 【月〜金】9:00〜18:00、【土】9:00〜15:00 【日・祝】定休日(補聴器相談はご予約ください)【大阪】TEL 06-6763-1712 FAX 06-6763-1757 【横浜】TEL 045-453-8375 FAX 045-453-8376